2016年1月15日 (金)

最終回 タミヤ1/12 HONDA RA273 完成

皆さんこんにちは(´∀`)

昨年から紹介してきたRA273の制作記事も今日でを迎えることができてかなりホッとしている
まこっちゃんであります。
製作していくうちにいろいろ弄って見たいという欲が出てしまい、あれこれ考えながら
楽しく製作することができました。

では早速先週に引き続きエンジンの製作の続きを紹介させていただきたいと思います。

015写真①
配管を1.2mmのプラ棒で再現して取り付けています。
配管を束ねている黒いバンドは熱収縮チューブを細切りにして使用しました。

写真②
資料写真にはマフラーの下に遮熱板らしきものがあったので、プラ板で自作したものを
取り付けました。

写真③
アクセルワイヤーのガイドとプーリーのプラ板で自作しました。
資料ではあまりはっきり写っている画像がなかったので、かなり雰囲気重視で
製作しました。

写真④
リザーバータンクも新たに溶接跡とホースジョイントを自作追加しました。

020写真①
ミッションオイルクーラーのホースも追加してみました。

写真②
プラグコードは0.4mmの細いコードに、燃料ホースも0.8mmの透明ゴムチューブに
クリアーオレンジを薄めに吹いてガソリンが通っているような再現をしてみました。

写真③
キャップもプラ材で自作しています。
白い冷却用のホースは白い電気配線の中の銅線を抜いたものを使用しています。

写真④
このキットにはこのような三股のパーツが無いので、プラ材で再現してみました。
この部分はかなり存在感があって目立つので、製作当初から再現しようと思っていた
箇所でもありました。


ということでエンジンの製作は完了です。
かなり限られた資料での製作だったので、雰囲気重視のディテールアップに
なりましたが、自分的にも満足いく仕上がりになたと思います。
これですべての製作が完了しました。

もっとやりたいこともありましたが、いつまでたっても終りが見えないので
これでよしとしたいと思います。

では、完成したRA273をどうぞ!

001

002

007

012
といった感じに完成したRA273ですがいかがでしょうか?

今回のこのキットを製作したことでF1のキットにすっかりはまってしまいました。
現行のF1も勿論すごいんですが、時代を築いてきた歴代のF1も魅力があっていいものですね。
これを期に違ったF1にも挑戦してみたいと思うまこっちゃんでした(笑)

長い製作記になりましたが、最後まで閲覧していただいた方には感謝です。
来週からまた新たな製作記を始めていきますのでよろしくお願いいたします。

では、今週はこのへんで~(´ー`)/~~




ガンプラ、カーモデル、スケールモデルの模型工具専門店-スジボリ堂

コメント