2017年6月18日 (日)

タミヤ ヴェロキラプトル 1/35 その4(最終回)

6月も中盤を過ぎてしまいました。今だに年が明けて間もない位にしか感じていませんが、既に今年の半分が過ぎようとしている、と言う現実。本当に時間の過ぎて行くのが早過ぎます。なぜなのでしょうね。色々と忙しい身の回りの一つ一つを毎日こなしているだけなのですが。しかもそれらは以前と同じように処理していて決して無駄に時間が掛かっている訳でもないのに、時間の経過だけが日々グングン速度を上げて進んで行っている様に感じてしまうのです。なんとも不思議です。子供の頃は一日が本当に長く感じられたものだったのですが…(汗 何事も無駄に過ごしていてはいけない、と言う事だけは間違いなさそうです、ね!
さて、今年のHMEまで一月ちょいとなってきました。私も今年は結構制作に時間が取れていませんので、なかなか数も揃わないかと…(泣 このブログでアップしている分くらいしか無いので、この辺りで真剣にHMEに向けての計画を立て直しておかないと、などと考えてはいるものの、なかなかネタ的な整合性も取れない状態が続いています、です(汗
そんな状態の中ですが、ラプトル君はなんとか完成、です。このネタあたりでいろいろと目論んでいたりはするのですよね〜♪


Dscf222311

画像1、目のクリア塗装。
前回までで、ある程度全体像がつかめて来ています。
かなり重要な目元のクリア塗装が終わっていませんので、ほぼ最終仕上げのこの段階でしっかりと済ませておきます。
いつものように薄めに溶いたクリアを何度も重ねて行くだけ、なのですが…(笑
その間にも全身の微調整も同時に続いています。


Dscf222711

画像2、目元のアップ。
なにせ1/35スケールですので、クリアを乗せた眼球の状態もさほど見た目でわかるレベルではありません。
クリア塗装の際には、手や脚の爪あたりにもいっしょにクリアを塗って行きます。


Dscf222911

画像3、目元のアップその2。
更に目元のアップの絵。
クリアが乗った事で輝きが増しています、間違いなく。あとは途中で施した金の粒子も気持ち見受ける事が出来ます。何となく艶かしい輝きになって来たかと。ここまでアップにする事は無いのですけれどね、一応…(笑


Dscf223211

画像4、完成の姿 その1。
と言う感じでなんとか完成の姿に!
目元のクリアと同時にその他の細部の調整も進めていたので、その後は割とあっさり完成なのでした。


Dscf223411

画像5、完成の姿 その2。
今まで見れない後ろ姿もしっかりと。イメージ的には正面や後ろ姿は薄っぺらく存在感がとても弱い絵になってしまいますね。
ベースにはあまり手は加えていませんが細かな描き込みでなんとなく岩風に仕上がっています(笑


Dscf223711

画像6、完成の姿 その3。
やはり側面の裏表が迫力のある存在感がありますよね。映画等では小型ながら結構な大きさに描かれているヴェロキラプトルですが、実際には中型や大型の犬程度だったみたいです。この辺りは想像や空想の世界になってしまいますが、その方が夢が有って楽しめる部分です。


Dscf223911

画像7、完成の姿 その4。
目元は光の加減で結構しっかりと輝いてくれます。
身体の縞模様や皮膚の細部もしっかりと微調整、各部のハイライトも細かく描き込んで、見た目のイメージも映えるように一応演出してありますよ。この辺りはやりだすと本当にキリが無いのですが。


Dscf224711

画像8、完成の姿 その5。
目元のクリア塗装の際に同時進行の手や足下の爪のクリア掛けの状態もしっかりと見て取れます。皺の立体感も見やすいように細部を塗り分けているのもわかります。この辺りも実は結構時間が掛かっているのですよ!(笑


Dscf224911

画像9、完成の姿 その6。
やや斜め上部から見た顔周辺のアップの絵です。
縞模様や皮膚のハイライト部に手を加えたので結構リアル感が増しました。実際1/35のサイズではほぼ判読不可能な状態なのですが…(汗


Dscf225011

画像10、背景替え その1。
背景を黒の状態で撮影したもの。白バックとは存在感に大きく違いが感じられます。
コントラストの強い黒や白での撮影の場合には被写体自体のコントラストや明るさ、色相などが大きく影響されますので注意が必要です。


Dscf225111

画像11、背景替え その2。
このアングルがイメージ通りの迫力が出ているかと。
食玩レベルの大きさではありますが、やはりその辺りはディティール等にも明確な違いが感じられる筈です。小さいサイズながら立派に育ってくれた感が…(笑


Dscf225211

画像12、背景付き画像 その1。
森のイメージをバックに。
自然界を背景にした途端に見事に風景に馴染んで見えるのは、自然界の恐るべき成せる技と言えるのでしょうか!?
こうした緑の生い茂る場所では、保護色で身体も緑っぽく変化して行くのでしょうね〜♪


Dscf225311

画像13、背景付き画像 その2。
上の画像のややアップ気味の絵。
こうした背景だとフィギュア自体の存在感も大きく変わって見えてきます。今も実際に存在している生物っぽい?(笑 この辺りも恐竜系の面白い所。


Dscf226211

画像14、今回の決めの一枚。
ひと味違った森林の背景をバックに、の一枚。
しっかりと背景に馴染んでくれる姿には恐ろしいものが感じられます…!こんな生き物がその辺りでうろちょろされたら、堪りませんね!!
1/35で気軽に楽しめるタミヤのキットもこんな風に結構真剣に取り組んでみると、またひと味違った作品に仕上がってくれちゃいます、是非御試しくださいませ〜!!
恐竜、万歳!!


ガンプラ、カーモデル、スケールモデルの模型工具専門店-スジボリ堂

2017年6月11日 (日)

タミヤ ヴェロキラプトル 1/35 その3

5月末あたりからの数週間、毎週、土・日になると雨模様です。朝から晩までではないものの、断続的に、しかも局部的に荒れ模様も多発しています。運動会シーズンで今だに終了していない学校も有るようですが、世の中、なかなかうまい事行ってくれない様です…(泣 この時期は札幌も各地で各種のイベント等も執り行われている訳ですが、その辺りにも影響が出始めているようですよ〜!気温も雨となるとグンと冷え込みます。着る物も悩みがちに。流石にMA-1とは行かないまでも中綿無しのL-2B辺りは必要なのもなんとも悲しいお話、です。例年はすっかりアロハな時期なんですけれどね〜♪
さて、北海道AFVの会の7月9日(日)も迫って来ています。私は今年度は不参加ですが、例年参加の皆さんや興味の有る方はお越しくださいまし〜!恒例の缶バッヂももらえるし!!(笑 そして7月29日(土)・30日(日)にはお待ちかねの北海道モデラーズエキシビジョン2017が開催です!色々と有る中ですが、今からなら、まだ準備は間に合いますよ、きっと、頑張りましょう〜〜♬ しかし運営準備の人間の頭数が、年々増えるどころか減って行く現状、どうなっているのでしょう??(泣
地味な作業ですがラプトル君も着々と進んでいます。


Dscf219811

画像1、目の塗装 その2。
前回白にて下塗りが終わった目元の続き、です。
まずは黄色にて重ね塗り、その後赤味を眼球周辺部に重ねながら立体感の有るグラデの調子を付けて行きました。特にこれと言う眼球の決まった色も無いようなのですが、イメージ的には黄色っぽいのが似合うかと…(笑


Dscf220111

画像2、目の塗装 その3。
続いて縦長の瞳孔部を描き込みます。
眼球周辺にもシャドー色を入れながら立体感を徐々に付けて行きますよ。
少しずつですが、なんとなく凶暴さが出て来たような…(笑


Dscf220311

画像3、目の塗装 その4。
瞳孔の縦ライン横サイドに微妙な明るい色を描き込んで瞳孔を強調します。同時に目元の周辺の細部にも各種の描き込みを。
顔全体の斑点や縞模様等も描いていきます。
身体にも徐々に模様を描いていきます。


Dscf220511

画像4、目の塗装 その5。
眼球部に、薄めた金の顔料がほんのうっすらと残る程度に重ねます。完成後の乱反射に効果がありますよ。この後クリア掛けを行います。
その他の部分にも徐々に色が加わってきました。微妙な変化ですが…(笑


Dscf220811

画像5、ここまでの全体塗装。
顔や目以外も同時には進めていますよ、の絵。
身体上面の縞模様はまだ下書きレベルの状態です。
目元がやたら主張しています、か?(笑


Dscf221311

画像6、身体の模様 その1。
身体の縞模様や斑点等を徐々に描き加えて行きます。
身体のラインや皮膚のモールドも考えながら、資料とにらめっこでイメージを頭に描いた上での作業が必要です。
顔あたりのリアル感は結構出て来た感じが…。


Dscf221711

画像7、身体の模様 その2。
全体的にはこんな雰囲気まで来ました。
あとは更に細部に手を加えて行くと完成も近い!?
1/35スケールなのでかなり細かな作業ですが、造形の良さにも助けられて結構いい感じになって来たと思うのですが〜♪


Dscf221911

画像8、身体の模様 その3。
あまり見れない反対面の状況はこんな感じです。
当然片面のみの作業で済む筈もないのですが…(笑
お腹周りのアップ状態は下画像のような感じになっています、今の所。アップにすると粗さが目立つ、と言う…(汗


ガンプラ、カーモデル、スケールモデルの模型工具専門店-スジボリ堂

2017年6月 4日 (日)

タミヤ ヴェロキラプトル 1/35 その2

先週は孫娘の運動会のお話をしましたが、決行の日曜日、開催直前にまた雨が降り出してマジですか!?と言う感じだったのですが、30分もしない頃には結構な降り方に!一時中断したり雨も小振りになったりしましたが、その後もわんさか容赦なく降る雨。結局各学年の表現種目のみやってのお開きに…。残りは火曜日に持ち越されましたよ。火曜日にはうって変わっての大晴天!平日とは思えない親御さんの数にも驚きましたが、何よりも子供たちの素敵な笑顔が晴れ渡るまぶしい程の日差しとともに、しっかりと心に降り注いだのでありました。めでたしなお話ですが、親御さんたちの準備や気配り等の心労は計り知れないものが…(泣 現在の天気予報はかなり精度が上がってますので、信用した方がいいんですよね〜♪ 先生方、その辺りよろしくです!(笑
さて、今年度のHMEの受付が6月1日より開始されています。今年は夏のワンフェスと被ったりで昨年程の参加者は見込めませんが、またまた盛り上がりそうな予感、です。参加予定の方やクラブはお早めに!!
と言う感じで未だ忙しさが続いております。なかなか制作に時間が取れませんが、ラプトル君は少しずつ進んでおりますです。


Dscf216911

画像1、塗装 その1。
下塗りは前回で終わっていますので本格塗装の開始です。
まずは身体下半分をアイボリーで白っぽく塗って行きます。諸説ある恐竜の身体の色ですが、私の中の恐竜の身体のイメージはあくまで爬虫類や両生類の類いのイメージが強いのです。ですから太陽光のあたりにくい身体の裏面はうっすらでも白っぽいのが何となくしっくり来る、と言う…(笑


Dscf217611

画像2、塗装 その2。
その後、全身にうっすらと白っぽい感じで軽いドライブラシを重ねます。
これは皮膚の凹凸感を手軽に出しておく為、なんです。普段はあまりドライブラシ的な手法は使わないのですが…。
かなり以前だとこの段階で出来上がったと手を止めていたものです(笑


Dscf218011

画像3、塗装 その3。
次に体全体に極薄に薄めたダークグリーン系の色にてウォッシング塗装。
あくまでも皮膚の質感の凹部分に色を溜める感覚なのですが、モールドが非常に繊細な為拭き取る作業はせっかくの色を全て取り去る事に! なので全体が暗くはなるものの、やむなくそのまま色を重ねる事に。


Dscf218411

画像4、塗装 その4。
同様の作業で色を更にダークグレー系の色にて重ねて行きます。
全体がかなり暗いものになってきました。これはこれでいい感じですが、やはり色を意図的に調整したようには見えません、ですからこの後更に彩度も明度も上げて行く作業に。


Dscf218811

画像5、塗装 その5。
彩度を上げながら色味を調整して行く為に、黄色やオレンジ系の色を薄く重ねて行きます。出来るだけ皮膚の凸部分に色が乗って行く感じで!
下半身部分の白っぽい箇所も凸部分にアイボリーにて立体感を出して行きます。あくまでも一気にではなく薄く何度も重ねながら徐々にと言う感じです。


Dscf219211

画像6、塗装 その5の顔のアップ。
1/35スケールですので全体を見て行くと大雑把な皮膚の感じも、アップにしてみると結構繊細に各種の色が乗って来ているのが分かります。皮膚のベースがおおよそ出来て来た感じですが、この後色の調整と模様等の描き込み作業が待っています。 その前に目の塗装を先に済ませておく事に。


Dscf219511

画像7、目の塗装 その1。
と言う事で手始めに眼球に白を入れてみました。
イメージ的には眼球は黄色系なのですが、その下地色として白にて!発色的に彩度の有る色味の塗装には下地の色が大きく影響しますから、ね〜♪ これ、とっても大事なのです!!
小さいながらも結構手間や時間がしっかりと掛かってしまっています(汗


ガンプラ、カーモデル、スケールモデルの模型工具専門店-スジボリ堂

2017年5月28日 (日)

タミヤ ヴェロキラプトル 1/35 その1

この土・日は北海道の多くの小学校の運動会が開催予定でしたが、昨日は雨で延期に。本日は…?? 先週あたりまでは天気の予報でしたが、低気圧の遅れの為か、見事のバッティング。孫のお話だと担任の先生が雨男なんだとか(笑 天気が良過ぎるのも辛いのですが、雨は生徒も観戦の親御さんも堪ったものでは有りませんね〜! 私の所もあと1年程はお付き合いしなければなりません…(泣 と、これを書いている間に花火がなったので、本日は強行開催、見たいですね〜! 雨は降りそうな気配ですが…(驚
いやはや、本業の方もなかなか落ち着いてくれないのが今年の特徴、みたいです。大物物件は方付いているのですが、中規模ものや小物関係が目白押し状態。仕事で忙しいのはありがたいお話ですが、プライベートの時間がほぼ取れないのでした。この感じだと今年のHMEは結構しょぼい数になってしまいそうな予感、です…(汗 なんとかこのブログ分は保っていられていますので、その分だけは揃うのですが…。
さて、長らく続いたスターウォーズのワトーさんでしたがなんとか完成しましたので、そろそろお次のモノ、を…。と言う事で今回はタミヤのヴェロキラプトルです。映画ジュラシック・ワールドでもおなじみの小さめながら機敏な肉食恐竜君、小さいのであっという間に完成?になるといいのですが…(笑


Dscf214211

画像1、パッケージ。
このキットが出たのがジュラシック・パークの頃ですから、早いもので25年近く経っているんですね。つい数年前の事に思えるのですが…(笑
リアルな造形に当時も結構驚いた記憶が有ります。その勢いで当時は恐竜シリーズが続々登場したものの、映画の話題性が落ち着くのと供に恐竜物もしばらくは低迷期に。


Dscf214411

画像2、パッケージ裏。
パッケの裏面の完成見本も結構イカしてます。このキットはなんとポーズ換えで6体のヴェロキラプトルが作れてしまうと言う優れもの!?(笑 サイズは1/35スケールなので、いろいろと手を加えて楽しめるという発想は現実にはなかなか叶わなかったようですが…(泣 それでもお得感満載のキットである事には違いが有りませんです〜♪
作例画像も手が混んでいて嬉しくなったものです!


Dscf214511

画像3、キット。
同じランナーが2枚入っていてポーズを変えて6体が作れます。素晴らしい発想ですね。1/35なので食玩レベルのサイズですがインジェクションなのでいろいろ改造しながら手を加えて楽しめると言う。プラモならではの味わいにゾクゾクしてしまいます。
下画像が今回作るもの。


Dscf214911

画像4、組み立て その1。
組み立て自体はサクッと出来てしまいます。よく見るとちょっぴり手を加えた方がいい箇所も。付属のベースに固定すると自立する仕組み。実はここがなんともイケていない構造なのですが…(泣


Dscf215311

画像5、組み立て その2。
小さいながらも素敵なプロポーションに仕上がっています。
手足の接着部分はあとで補修しなければ、です。
ラプトルの特徴が良く表現されているんですよね〜!現在は羽毛説が盛り上がっていますが、当時はまだ昔ながらのイメージのまま、です。
個人的には昔ながらのイメージが好きなのですが、キットには6体も入っているのでこの後羽毛バージョンも手掛けてみたいですね〜!


Dscf215511

画像6、組み立て その3。
自立用のベースは空洞で脚のダボとのサイズも合わずグラグラ、ですので、例の超音波カッターで余計なランナーを溶かしながらベースの裏面に埋め込んでみました。これで接着もバッチリで、重みが加わった為、しっかりとバランスよく自立するようになりましたよ。


Dscf216011

画像7、修正 その1。
手足と身体の接着部分は隙間が目立つのでエポパテにて修正しておきます。
細かい作業ですが周辺部との皺の違和感が出来るだけでないようにモールドもしっかりと付けておきますよ。


Dscf216411

画像8、修正 その2。
修正部のアップですが、皺のモールドを違和感無い様に付けておくと塗装の際に楽です。この辺りも拘りだすと、ここだけでいくらでも時間が掛かってしまいますので、程々に…(笑
それにしても久々に小スケールもの、目が厳しい事に…(泣


Dscf216611

画像9、下塗り。
次は下塗り作業です。
濃いめのフラットアース系の色をガシガシ塗って行きます。
細かなモールドも有るので出来るだけ丁寧に…(笑


Dscf216811

画像10、兵隊さんといっしょ!。
1/35と言う証にタミヤの兵隊さんとのツーショット。結構小さいですよね〜!!尻尾の先から頭の先までで約95mm程ですが、全体が細いのでボリューム感が小さく見えてしまいます。こうして見るといろいろと今後の様々な思惑が頭を駆け巡ってしまいます。あんな事やこんな事が出来るな〜などと…、 たぶん実現しそうも無いのですが(笑 この後の塗装も、これっ!と言う正確な見本が無いだけに、いろいろと悩む所なのでした〜!!(汗 どうなります、やら…。


ガンプラ、カーモデル、スケールモデルの模型工具専門店-スジボリ堂

2017年5月21日 (日)

ハズブロ ワトー 1/6 その9(最終回)

めっきりと穏やかな日々が続いていますが、近所の桜は未だに咲いている所は咲いていると言う。大通りのライラック祭りも始まりましたが、この時期は一度グンと冷え込む、いわゆるリラ冷え、今年はこの分だとなさそうな感じです。が、どうなのでしょう?現在中心部ではライラック祭りとともにイベントも各種行われているようですが、混雑を考えると中々足が向きません。年々煩雑な行動が苦手になってくるのですが、それではいけないと思いつつ中々行動が伴わないのが悲しい状況です。いろいろな事がそれに該当するのも更になんとも悲しいと言う…(汗
例年ですとこの時期辺りから本業もゆるめになってきて、この後のAFVに向けて猛ダッシュになる訳ですが、今年は仕事もなかなかゆるくなってくれない、しかもその上、AFVの会当日に知り合いの結婚式が重なって今年は参加できない、と言う…(泣 なかなか思った通りには物事が運ばない物です…。
ワトーさん、長々と続いておりましたが、今回ようやくの完成です。9回もの連続ですからブログ開始以来の最長になるのかも!? いろいろと拘りが裏目に出てしまったのかもですが、何とか満足できるレベルにはなったと思うのですが…。


Dscf209111

画像1、顔の最終段階。
眼球のクリア掛けがその後も続き、瞼周りの色味や艶の調整が終わった状態です。表面張力で眼球周辺に不自然に行き渡ったクリア部分を違和感の無い様に仕上げます。
顔の皮膚のモールドや場所場所での色味の変化も微調整して行きます。
あご周辺の赤身や無精髭の細かな部分もしっかりと描き加えて仕上げます。


Dscf209311

画像2、タブレット部分の装着。
眼球のアップ。そもそもこんなにアップにする必要は無いのですが、いつになく手が掛かっているだけに愛着も…(笑
でも、怖いですよね〜♬


Dscf209711

造形が素晴らしい為、横顔の仕上がった感じも結構魅力的なのです!皺や各種の凹凸感は本当にリアルに表現されていますが、色を塗り重ねる事で一層魅力的になって来たかと…(笑 元が良いと塗りごたえが有ると言う証ですね〜♬


Dscf209811

画像4、口元と足下のアップ。
牙と口元周辺には気持ちクリアを何層か塗り重ねています。やや湿った感を出す事でリアルさに拍車が…(笑
足下の色味は基本色の上にやや赤身を重ねて他とはやや違った色合いで表現してあります。


Dscf210011

画像5、完成 その1。
ようやくの完成の姿です。
全身の引いた感じだと、大まかに塗り分けられた色が割と単調に見えるから不思議です。上記のアップめになると、いろいろな色が塗り重ねられているのが分かるのですが、その辺りの見る立位置も想定しながら今回は意図的に調整してあるのです。


Dscf210211

画像6、完成 その2。
脇役と言うのも有ってか、このワトーさん、資料がそんなに多くは存在しません。少ない情報から出来るだけ多くの参考部分を引き出して、かなり忠実に再現してみたのですが…。
個人的には正面よりもこの横の姿が結構お気に入りなのでした!ワトーの特徴的な体系がよく解るのです。背中周りも結構賑やかな事になっています〜♬


Dscf210611

画像7、完成 その3。
今回は両生類や爬虫類的な皮膚の感じを結構細かく描き込んでみました。出来るだけ単調にならないように部所ごとに様々な色を重ねてあるのです。身体のブルーぽい色もやや黄色を帯びて緑がかった感じになるように、そして出来るだけダークな暗いイメージにならないように心掛けてみたのですが、いかがでしょ?


Dscf211311

画像8、完成 その4。
背景を黒にしての一枚。
いつもそうですが、背景が黒になっただけで全く印象が変わって来るから不思議です。
各部の色味が一段と引き締まって見えます。対象物に焦点を当てて見せる際には有効な手段と言えそうです。


Dscf211911

画像9、完成 その5。
黒背景をもう一枚。
CG処理なんかでもこんなイメージ、良く有りそうですね。映画のプロップ用でもよく使われるイメージです。目元のキラリ具合もいい感じに(笑


Dscf212111

画像10、背景付き画像 その1。
背景に怪しい色味を使ってみました。イメージをやや変えて見せるのにはこんな雰囲気も結構効果的です。背景によって対象物のイメージをコントロールする事が出来る訳です。
同じ物でも全く別の印象に見えてきます、よね。


Dscf212611

画像11、背景付き画像 その2。
ややアップぎみのワンカット。結構ドラマチックに仕上がって来た感じも…(笑 映画や舞台、テレビなんかの演出効果もいろいろと参考になりますです。
意図的に自分の目的の方向性を導きだせる有効な手段です。


Dscf213311

画像12、背景付き画像 その3。
タトゥィーンの居住区の一場面を背景にした一枚。
乾いた砂漠の町並み上空に広がる青空、まさにタトゥィーンのイメージです。
こちらはやや横アングルのワンカットに。


Dscf213711

画像13、背景付き画像 その4。
今回の決めの一枚、タトゥィーンのモス・アイズリーの街の一角、ジャンクパーツが所狭しと並ぶイメージの一枚です。ワトーさんにはやはりこうしたイメージがよく似合いますね。中古部品店を営む彼にはぴったりのシチュエーションと言えるのでしょう。
と言う事で今回のワトーさんはかなり長期にわたってしまったのですが、時間が掛かった分、かなり自分の思っていたイメージには近い物になったと思っています。やはりじっくりと物事と向き合うと言う事は、大切なんですね〜!
さて次回は何にいたします物やら…(汗


ガンプラ、カーモデル、スケールモデルの模型工具専門店-スジボリ堂