2018年9月 9日 (日)

地震の恐怖!備えておかないとこうなってしまう!!

全く驚きました。平成30年度北海道胆振地震、です。こんな規模の地震は生まれてこのかた経験した記憶はありません。ドカンと揺れ始めたと思うと家中がぐらぐらガタガタ、ガシャ〜ンと食器の割れる音や物の落ちる激しい音、まあまあとにかくすごい揺れだったのでした。やや収まったところで家の中の様子を見回っている最中には停電になってしまい、真っ暗闇に。幸い懐中電灯等は身近にあったのですぐさま家中の電気の着く物をかき集めて明るくなるまでの数時間はなんとか対処できました。
しかしながらその後も停電が続き、翌日の夕方に電気が復旧するまではなんとも不安な時間が…。テレビが見れないので、スマホでの情報収集がしばらく続きましたが、バッテリーもどんどん減って行きます。幸い満充電のMacBook Airから引張れましたが、これはいかんと物置のラジカセをチェックすると、すでに電池は使えなく、急遽家中の電池を再度確認して在庫分でなんとかラジオを聴くことができる状態に!世の中はかなり悲惨な状況なのが次第に分かって来ました。大まかな情報はスマホ等でも分かるものの、リアルタイムの正確な情報はラジオには敵いませんでした〜。
現在は全道の大かたの地域の停電も復旧した様ですが、震源地近くの地域はまだまだ大変の様です。早期の復旧・復興を心から祈る次第であります!!
ということで今回は私の家模型関係の悲惨な状態を見て頂くことに(泣


Dscf817411

画像1、1階居間入口付近。
1階の居間は模型部屋になっています。入ってすぐにはDVDが壁の棚一面に鎮座していましたが…。ドアが開かなく無理に押して見ると画像の様な事に!
単に落ちているだけなので片付ければ済む話ではあるのですが、その近辺にはトルーパーのマスクや付近には他の棚から落ちた完成させたフィギュアがゴロゴロ…(怖


Dscf817511

画像2、1階ダイニング。
1階のダイニングスペースも模型やフィギュアの保管場所になっていますが、見事に雪崩のように崩れていました!
ほとんどが箱に入った物たちなので、こちらも片付ければ済む話では有るのですが、逆にいつでもいいという感じですので、時間をかけてボチボチと。


Dscf817611

画像3、1階ダイニング横。
結構悲惨に転がったスターウォーズのボトルキャップ達。
棚だったニヤの板ごと300個以上のボトルキャップが全て転げ落ちています。
これも一旦箱詰めして保管になりそうですね。


Dscf817711

画像4、1階事務所入口。
1階の仕事部屋の入口付近の様子。
入ってすぐには棚があり、カメラやフィギュアが置いてあったのですが、見事に落下していました〜!
フィギュアも大方がソフビの物でしたが、フェバリットのポリストーン製のラプトルの完成品スケルトンヘッド、これが見事にぼきぼきバラバラと大破損でした〜!(泣


Dscf817811

画像5、1階最奥の模型・フィギュア保管場所。
1階の最も奥の滅多に入らない模型やフィギュアの保管部屋もこの様なことに!
こちらも箱物ばかりなのでさほど大変でもなく整理できそうですが、なにせ普段も滅多に入らない部屋なのでしばらくはこのままかも!?(笑


Dscf818011

画像6、1階居間のメタルラック上。
既製品の完成フィギュアや製作した作品が並べられていたメタルラックの上の状態。
1/1のフランケンヘッドも倒れ、そのおかげで手前のフィギュア達もワヤワヤな事に!
血痕の付いた布は以前に塗った指先のベース。指はいったいどこに?
右下のベースの上のウィーゴもどこかに行ってしまいましたね。


Dscf818111

画像7、1階居間のメタルラック下。
上の画像の下を見るとこんな有様に!
色々な製作物がてんやわんやに重なり合っています。
こちらはじっくり時間をかけないと、破損パーツもゴロゴロしているのでした〜!!(泣


Dscf818211

画像8、1階居間のガラスケース下。
ヒストリカルフィギュアのメタルものが多く飾られたガラスケースの下はこんな感じに。
ケース右端は中から飛び出したフィギュアが!(恐
トルーパー達もゴロゴロしています。


Dscf818311

画像9、1階居間奧。
棚の上部にあったものはことごとく落下!
なんとも情けない格好のものも沢山見受けられます〜♬


Dscf818811

画像10、破損したキューティーハニー。
以前作ったキューティーハニーもパーツがバラバラでいまだに見つからないパーツも!
もともと不安定なベースだったので思い切り飛んでしまったような…。


Dscf818911

画像11、1階事務所の破損したラプトルのヘッド。
上でも話した大破損のラプトルスケルトンヘッド、既製品の完成フィギュアですがこんなにバラけてしまうと修復不能かも!?今回最大のショックです〜!
破損パーツが見つかればいいのですが…(泣


Dscf819311

画像12、ボークスのコブラ。
1階事務所奥の制作途中のままだったボークスのコブラもパーツがバラバラに!
さっさと完成させておけばよかったかも!?(笑


Dscf819411

画像13、ボーク スキューティーハニー。
こちらも組み立てた状態で止まっていたのですが、見事にパーツがバラバラという事に。細かなパーツは付近には見当たりませんが…。
髪の毛の先端を結構手をかけて鋭利にしていたのですが…(泣
今回の地震でおおよそ見ていただいた雰囲気になってしまっていました。
大きいものや重たいものはできるだけ下に、棚に飾る際には今後気を使っておかなければいけません。
キットや箱物も安定性のある配置で積んでおかないと今回のような模型雪崩に、またなってしまうという事です。
普段からしっかりと備えておかないと、起こってしまってから反省しても遅いのですよね〜!今後はしっかりと整理しておきます!!!
型付けだけでもまだまだ結構時間はかかりそうですよ〜♬


ガンプラ、カーモデル、スケールモデルの模型工具専門店-スジボリ堂

2018年9月 2日 (日)

プライザー 民間人 女性 1/72 その2(最終回)

さて、9月に入ってしまいました。まだまだ台風の影響なんかで、雨だったり、暑くなってみたり、寒くなってみたリが続いていますが、確実に秋に向かっている気配は体で感じられます。テレビや広告等では暖房機器や除雪機の宣伝も。早くも冬に向かっての準備の季節、と言う感じです〜♪
テレビや新聞では相変わらずスポーツ界のパワハラ問題等でにぎわっていますが、なぜ今年辺りからそんな事柄が続々と持ち上がってくるのでしょう?2020年の東京オリンピックを控えての事でしょうか?それとも長年の慣例になっていた悪しき行いがたまたま露出している?時代はどんどん変わって来ている中での数々の不祥事、今後もいろいろと出てきそうな気もいたしますが…(汗
さて昨日の9月1日(土)から9月15日(土)までの2週間、恒例の【POOH熊谷と仲間達の模型作品展2018】 が開催されています。会場は星野降る里芦別百年記念館(芦別道の駅内)、ぜひ時間のある方や興味の有る方は足をお運びくださいませ。昨日は作品搬入で私も行ってまいりましたよ〜〜!
そんなバタバタ状態ですが、プライザーの1/72スケールの 民間人の女性もどうにか完成です、一応なのですが…(汗


Dscf425711

画像1、塗装 その4。
前回に引き続きますが、今回はハイライト部分や細部を調整しながら、です。
肌や衣類、顔や髪の毛等、全体的にハイライトに向かっての色合いを重ねて行きます。
小さいので面積は極僅かの処理なのですが、気の使いようと言ったらそれはもう半端ではありません!(泣


Dscf426211

画像2、塗装 その5。
ハイライトと同時にシャドー部や細部の描き込み等もドンドコ行って行きます。
顔の調子もなかなか決まってくれないため、随時調整中。


Dscf426511

画像3、塗装 その6。
上と比べてどこが変わったのかがほぼ判断できないのですが、確実に進んでいる状態なのです(笑
流石に小さ過ぎて目にも体にも辛い事に…(汗


Dscf427511

画像4、完成 その1。
細部を微調整しながらバランスを整えて完成です。
私が思うに、フィギュア等、サイズが小さくなればなるほどに、コントラストは強めに付けて行く方が見た目には良い雰囲気になると言う事です。裸眼では細かな色味や立体感は小さくなるにつれ、その判断がしにくくなる為、ですね〜♪


Dscf427811

画像5、完成 その2。
作業途中では見れなかったアングル、完成後にもあまり見れないの、かも…(笑
基本的に小さいので裸眼では厳し過ぎ、です…。


Dscf428111

画像6、完成 その3。
ここまで大きく見せるのはかなり厳しいのですが、これを作ったプライザーには感謝、です!本来ここまでの造形はミニスケールの世界では必要とされていないとは思うのですが、本当に凄いと言わざるを得ません。


Dscf428311

画像7、他社の同スケールと。
ヘッカー&ゴロシのユーボート船員の1/72フィギュアと並べてみるとこんな感じです。身長差を考えるとだいたいこんなバランスなのでしょうか〜?(笑
しかしミリタリー物は作業途中とは言え色がなんと暗い事でしょう!


Dscf428711

画像8、100円硬貨と。
100円硬貨と並べるとこんな感じです。ほぼ同サイズなんですよね〜♪
どれだけ小さいフィギュアなのかが分かります!!


Dscf428811

画像9、1/35フィギュアと。
ついでに作業途中の1/35のフィギュアと並べるとこんな感じです(笑
1/35の顔も塗るのが年々厳しくなって来ているのですが1/72ではその半分以下の大きさの頭、です。ここで頑張っておくと、1/35がラクラクに思えてしまうんですよね〜♪
作業に行き詰まった際にはこんな感じで試してみると頭の感覚が切り替わってとても良い雰囲気に思えて来ます、です。


Dscf429211

画像10、同スケールのミニカーと。
同スケールのホンウェルのワーゲンとセットにした状態。同スケール同士のこうした組み合わせての楽しみは、これまたひと味変わってくる物です。
人物がやや小さく感じられますが、ビートルの全高が1.5mと考えると割合妥当なのかも!?


Dscf429411

画像11、車と背景 その1。
これから秋に向かって行くのを考えた場合、こんな風景も有りでしょうか?(笑
ビートルはどんな風景にもマッチしてくれます。
まだ車両にはいっさい手は付けてませんので、あくまでもこの段階ではフィギュアのみをご覧くださいませ…(汗


Dscf429811

画像12、車と背景 その2。
木の枝に葉っぱが無い状態なのは、やはり秋を連想させる木々の一枚なのです。
こんな小さな物でも、背景が存在するとそれなりに見えて来てしまうのも不思議です。小スケールの本来の楽しみはこんな所なのかもですね〜♪
そのうちに車両もリペイントしたい所なのですが。


ガンプラ、カーモデル、スケールモデルの模型工具専門店-スジボリ堂

2018年8月26日 (日)

プライザー 民間人 女性 1/72 その1

先週から日本に接近している複数の台風。今回も各地に被害を及ぼしているみたいです。北海道近辺に来る頃には威力は衰え、温帯低気圧に変わっているとは言え、決して油断は出来ません。そんな気圧の変動で気温も上がったり下がったりの上下の動きがめまぐるしく、しかも湿度が高い物ですから、健康の被害も多く出て来てしまいそうな…(泣
ここ最近はそんな天気のお話が多くなってしまうのですが、本当に異常気象だと言うのが今年は驚く程明確になって来た気がします。昔からあった自然災害ですが、多くは一過性の物で過ぎてしまうと平常時に戻る事が多かったのですが、ここ近年は、継続しての事象が続いています。このまま行くと数年後には日本も熱帯雨林状態になってしまうのかもしれません、恐ろしや〜!!
昨年購入の三菱のアイ。数ヶ月前からエアバッグのリコールの通知が来ていましたので先日行ってまいりました。それを治したからと言って見た目の変化が有る訳でもなく、果たして本当に必要なのか…、昨年まではそんな安全対策とはまったく無縁の車でしたので、なんだか無駄な気も…(汗 一応治ったらしいので安心です。
そんな状態ですが、塗装作業、小さい物ですが取りかかっておりますです。
今回はプライザーの1/72スケールの 民間人の女性なのですが…。


Dscf422211

画像1、パッケージ。
かなり古いプライザーのキットのパッケージ。古くて箱が黄ばんでいます…(笑
1/72スケールとは言え、さすがのプライザー、出来の方はかなりの雰囲気。同スケールの模型との組み合わせでは大いに役立つアイテムなのです。


Dscf422311

画像2、パッケの拡大。
中央の女性が今回の主役。ここまで大きくなると流石にあらは各所に見受けられますが、なにせ1/72です。印刷のドットもはっきり伺える拡大率!!(笑
しかし今までこのスケールでは唯一の存在とも言えるプライザー、現在のレベルで見ても素晴らしいの一言です。そんなに需要のあるスケールでは無いのですが、ここ一番には大活躍してくれるアイテムなのです!


Dscf422411

画像3、キット本体。
細部を丁寧に修正しながら表面を整えていきます。平坦に見える部分も細かな目のペーパーで均しておく必要も!
小さいとはいえ、出来るだけ処理しておいた方が後々のためなのです〜♬


Dscf423211

画像4、下塗り。
下地の処理が大方終わると下塗りです。
大まかな箇所で各種の色を塗って行きます。サイズも小さいので決して厚塗りにならないように数回の塗り重ね作業。出来るだけ丁寧に!


Dscf423611

画像5、塗装 その1。
肌部分を中心に、全体的に軽めに陰影を付けていきます。
細部の形状を再確認しながら徐々に塗り重ねて行きます。
初めの段階では本当に極薄の塗料を塗り重ねて様子を見ていきます。


Dscf424111

画像6、塗装 その2。
肌を継続して調子を徐々に整えて行きます。
シャツやパンツのシャドー部を強調して引き締めていきます。
次第に立体感が増してきているのが分かります。


Dscf424511

画像7、塗装 その3-1。
全体の細部をさらに塗り重ねて行きます。あくまでこの段階まではシャドー部に向かっての作業で、ハイライト部に関してはまだ手が付いていません。サイズが小さめなので、全体のプロポーションやバランスを今まで以上に慎重に判断していくためなのですが…。
顔部分には目元が軽く描き込まれた状態になってきました。


Dscf425511

画像8、塗装 その3-2。
この段階までのものを手元と一緒にパチリ、の一枚。
サイズ感が良くお分かりいただけるかと…(笑
まだまだ作業半ばですので出来栄えは判断してはよろしくない段階ですが、この後の作業次第で良くも悪くも…(汗
果たしてどうなります、こと、やら…。


ガンプラ、カーモデル、スケールモデルの模型工具専門店-スジボリ堂

2018年8月19日 (日)

塗り待ちフィギュアもろもろ

お盆も過ぎて暑さもすっかりとなりを潜めてしまった北海道です。一週間ほどの雨模様のあとは一気に秋めいてきてしまいました。黒岳では雪が積もってしまったというニュースも!なんという事なのでしょう〜!!まあ、例年お盆明けとともにめっきりと肌寒くなってくるのですが、今年は極端です。しかし今週はまた暑くなってくるらしいので、体もどうにも調子がおかしくなりがちです。みなさんも体調管理には気をつけてくださいませ〜!!
そういった中、今年は異常な速さで台風が発生している模様、です。なんと今現在で20号が生じているとの事。これは異常な速度で、1971年以来のことなのだそう。今年に入ってからの台風の被害もすでに各地で出ているようですが、今後ますます被害が広がっていく恐れもあるため、いそうの注意が必要ですね。
心配なのは上記の異常気象等によって、農作物や畜産系への今後の影響がかなり深刻に懸念されることです。決して一時的な問題ではなく、年末から来年に向けての影響も多く含んでいるのでやっかいです。物価上昇に拍車がかかるのは間違いなさそうです…(泣
夏場の忙しさでなかなか制作は進んでいませんが、色々と手は付けてはいるんです。今回は肝心の塗装にまで事が運んでいない中、手がけている塗装待ちのフィギュアを息抜きも兼ねてご覧いただく事に…(汗


Dscf421211

画像1、ガチャーネンjkフレンズ 1/35。
以前塗装した際の同梱のもう一体の女の子、です。下塗りまでは終了しているのですがその先が全く進まない状態が続いております。
改めてインジェクションでこのサイズで、しかもこのレベルですから驚きです。早いところで仕上げたいところなのですが…(汗


Dscf421411

画像2、マスターボックス ボディコンレディ・ジャッキー・デンジャラスカーブスシリーズ 1/24。
マスターボックスのシリーズの中の一体。精力的に続々と新商品の出るマスターボックスですが、回を重ねるごとに着実にレベルは上がっています。
ネタ的にかなり面白いシリーズなのですが、表面処理を怠るとかなり残念な仕上がりに!素敵な完成を目指す場合、2皮ほど剥く感じでしっかりと表面のサンディング作業が必須です。


Dscf421611

画像3、マスターボックス 英雄ペルセウス・ギリシャ神話シリーズ 1/24。
同じくマスターボックスのギリシャ神話シリーズの一体。
こちらもネタとしては大変面白い物なのですが、設定がよく分かりません、ペルセウスは男性の神のはずなのですが、あえて女性に見立てた?メデューサと必殺の盾との関係もいまひとつはっきりしていないのが悩みどころかも!?
造形的にはかなりいい感じです。表面処理は上の物と同様にかなり時間が掛かってしまいます。


Dscf421811

画像4、ハセガワ 80’s バブリー ガールズA 1/24。
つい最近発売のアイテム。バブル時代の女子。年代が限定されるので汎用性は少ないのですが、80年代のアイテムと抱き合わせると面白い事になりそうですね。
辻村氏の造形とあってインジェクション物としては異例の出来栄えなのも注目です!


Dscf422011

画像5、ハセガワ 80’s バブリー ガールズB 1/24。
上の物と同梱のもう一体。こちらも素晴らしい造形です。特に顔の作りは、よくぞインジェクションでここまで!のレベル。レジン物に引けは取っていませんが、プラモ特有の表面処理はやはり時間がかかるところ…。


Dscf422211

画像6、ブリックワークス 傭兵軍 女性パイロット 1/35 。
こちらはブリックワークスから出ている林氏の原型による1/35スケールの女性パイロットです。以前の1/20とよく似たアイテムですがよく見ると細部が違いますので新規造形の様です。いつも以上に素晴らしい出来映えです。
レジン製なので細部はかなり細かく抜けていますので安心して塗装が進みそうです〜♬


Dscf422411

画像7、プライザー 民間人 1/72。
かなり古いアイテムですが流石プライザー、このサイズでもとんでもない造形です。このサイズをリアルにというのは本来無茶な事かも!?ですが、これだけの作りですからここは是非チャレンジを!!
以前にも一体塗っていますが、今回は一層気合を入れての覚悟です〜!!(笑


Dscf422611

画像8、トミーテック ザ・人間 106 住宅街の人々 1/150。
これはヤバイです!調子に乗って完成品の1/150のアイテムの塗装を剥がして見るとこんなことに…(泣
本来色による塗り分け程度が本来の姿なのでしょうが、なんとも残念な姿に!
時間の合間で是非挑戦してみようと…(汗


Dscf422911

画像9、寄せ集め状態。
上記のフィギュア達を一堂に集めた状態がこちら。
メーカーや素材、スケールや設定もまちまち、それでも今後着実に仕上げて行くと思われるアイテム達なのでした〜♬
以前と違って、仮組みまでに結構時間が掛かっているのも、その後の塗装の精度を高めるための下地をしっかりと処理して手がけているからなのですが、塗装待ち状態がどんどんと溜まっていくと、プレッシャーもどんどん高まってきているという事なのですよね〜♬


ガンプラ、カーモデル、スケールモデルの模型工具専門店-スジボリ堂

2018年8月12日 (日)

ファインモールド 自衛隊員 1/12? その4(最終回)

さて、はやくも季節はお盆です。各地では相変らず猛暑が続いているようですが、北海道はようやく普段の今時期の気温に落ち着いて来ました。日中は結構暑かったりしていますが、朝晩はぐっと肌寒さが感じられる状態に。ただし湿度は思った以上に高い日もあったりして、なんだかやはり変わって来た感が強かったりもしています。このお盆も過ぎると季節は一気に秋に向かっていくのでしょうか!?
このところは世の中を賑わす大きな事件が目立っていないのが救いといえば救いなのですが、昨日のニュースでこんな話題が、コミケ界にも高齢の波!というもの。元々漫画等の同人誌のイベントだったものが、漫画から、アニメ、ゲーム、コスプレといった方向へ年々シフトしながら世界規模で巨大化して来たこの世界にも高齢化の波が押し寄せているというもの。妙に納得させられるものはあるんです。マニアックになればなるほど一部のコアなメイン層は年々歳を取る、当然です。裾野は広がっていてもなかなか世代交代が進まないんですよね。模型界も全く同じ状態なんだと思います。人ごとには全く思えません…(泣 若い世代に徐々に引き継いでいかなければ、こういった文化もこの先自然消滅しかねない、という感じなのでしょうか〜!?(怖
自衛隊員さん、今回で最終回です。


Dscf410711

画像1、ベースワークス。
フィギュアが大方落付いた辺りでベースワークです。
付属の大きめのベースをそもまま使って地面や草、木なんかを作り込んで行きます。
材料は常日頃集めておいたものを利用しています。日頃の準備が役に立つ訳です。
今回は湿度が高く、地面の粘土系がなかなか乾燥しないのがやっかいなのでした〜!


Dscf411711

画像2、完成 その1。
ベースワークの微調整をその後も色々と施し、ベースに先のフィギュアを装着し、ネームプレートを付けて晴れての完成です。
この時期いろいろと同時進行しているので時間は結構かかっているのですが…(汗


Dscf411911

画像3、完成 その2。
レイアウト的には事前によく考えた上で位置決めしてあります。
後ろの木が空間の良いバランスを醸し出してくれる役割りに。
なのでどの角度から見てもバランスがいい雰囲気で眺めることができるのです〜♬


Dscf412211

画像4、完成 その3。
背面の姿はなかなか見ることが出来ません、貴重です!(笑
木はかなり以前からストックしてあった天然の木の枝部分。枝ぶりや位置関係を調整した上で自然な感じに塗装してあります。
全体的には初秋のイメージの色合いで!


Dscf412611

画像5、完成 その4。
フィギュアも完成までには微調整が続いていましたよ。
顔もあくまで昭和の男気溢れるワイルドな雰囲気に仕上げてみました〜(笑


Dscf412911

画像6、完成 その5。
前回のフィギュアの塗装時からほんの気持ちですが手が入っています。
あくまでもベース装着時のバランスを見ながら、ですね〜♬


Dscf413111

画像7、ベース部分 その1。
ベスワークの際には全体のレイアウトや配置的なバランス、色合いのポイント付けを意識しながら作業してあります。
初秋のイメージなので緑の感じや枯れた草の雰囲気をバランスよく取ってありますよ。
かつ、単調にならないように調整してあります。


Dscf413311

画像8、ベース部分 その2。
芝草や枯れた長めの草部分、その他の雑草のイメージの各種の植物は何とは言えないほどの種類を使って植え込んであります。
木の枝ぶりも結構気を使って調整してあるんです。枯葉も一枚一枚形や色を位調整してあります。ややオーバースケール気味なんですが…(汗


Dscf413411

画像9、完成の正面画像。
やや大きめに完成の正面の姿を、の一枚。
ベースのサイズとフィギュア、そして後ろの木のバランスが良い感じのボリューム感に仕上がったかと。
ビネット仕立てだとフィギュア単体の時とは一味も二味も違った作品になってくれるのも楽しいところです!


Dscf413511

画像10、北海道AFVの会会場にて その1。
北海道AFVの会当日の会場での一枚。
各種の作品が一堂に揃う中でも、ベースワークも施されたビネットは存在感を放ってくれていた、はずなのですが…(笑


Dscf413611

画像11、北海道AFVの会会場にて その2。
スケール的にはなんとも微妙な今回のアイテムですが、そのキャラクター性も相まって、独特な世界観を醸し出してくれました。
あくまでもプラモデルなんです!という部分も独特な意味合いが込められていますよね〜!!(笑


Dscf413711

画像12、北海道ミニチュアドールハウス展会場にて その1。
北海道ミニチュアドールハウス展の会場での一枚。
会場の雰囲気も結構特殊で、大きいものや小さい物が所狭しと並んでいますので、この模型のブースはかなり特殊なスペースでした〜!


Dscf413811

画像13、北海道ミニチュアドールハウス展会場にて その2。
会場でのやや下アングルからの一枚です。
会場内のオレンジ系のカーテンがなんとも良い雰囲気に〜♬
背景が変わると本当に変わって見えてしまうのも楽しいんですよね〜!
ということで完成した姿はすでに二つのイベントにてお披露目が完了している自衛隊員さんなのでした〜♬


ガンプラ、カーモデル、スケールモデルの模型工具専門店-スジボリ堂